2018年2月15日木曜日

今週のお花

2月11日
「まことに、まことに、あなたがたに告げます。一粒の麦がもし地に落ちて死ななければ、それは一つのままです。しかし、もし死ねば、豊かな実を結びます。」
(ヨハネの福音書12章24節)

今週のお花

2月4日
マリヤは、非常に高価な、純粋なナルドの香油三百グラムを取って、イエスの足に塗り、彼女の髪の毛でイエスの足をぬぐった。家は香油のかおりでいっぱいになった。
(ヨハネの福音書12章3節)

今週のお花


1月28日
イエスも、すぐに、自分のうちから力が外に出て行ったことに気づいて、群衆の中を振り向いて、「だれがわたしの着物にさわったのですか」と言われた。
(マルコの福音書5章30節)

今月のオープン礼拝は、蔦田康毅先生を講師としてお迎えしました。

今週のお花

1月21日
また、ただ国民のためだけでなく、散らされている神の子たちを一つに集めるためにも死のうとしておられることを、預言したのである。
(ヨハネの福音書11章52節)

今週のお花

1月14日
「わたしは、よみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。 また、生きていてわたしを信じる者は、決して死ぬことがありません。このことを信じますか。」
(ヨハネの福音書11章25,26節)

2018年1月10日水曜日

今週のお花

1月7日
「この病気は死で終わるだけのものではなく、神の栄光のためのものです。神の子がそれによって栄光を受けるためです。」
(ヨハネの福音書11章4節)

今週のお花

1月1日
いま私が肉にあって生きているのは、私を愛し私のためにご自身をお捨てになった神の御子を信じる信仰によっているのです。
(ガラテヤ人への手紙2章20節)

新年の元旦礼拝でした。